お知らせ

メルマガ11月29日号

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

負債140億の会社を

 自力再生した経営者だから言える!

『知らないと損をするメルマガ情報』
                  
       メルマガ11月29日号

  株式会社Jライフサポート 

経営アドバイザー 三條 慶八

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

###name### さん

Jライフサポートの三條です。
いつもメルマガを読んで頂き、
ありがとうございます

///////////////////////////////////////////

■悩める中小企業経営者のための

事業再生コンサルガイド「経営快速」

https://www.keiei-kaisoku.com/

///////////////////////////////////////////

********************************************
新刊発売中!!
『社長の危機突破力』かんき出版
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4761275189
〇紀伊國屋書店梅田本店第1位
〇紀伊國屋書店新宿本店第1位
〇ジュンク堂書店大阪本店第1位
〇有隣堂アトレ恵比寿店第1位
〇リブロ新大阪店第1位
〇三省堂書店名古屋本店第1位
〇三省堂書店池袋本店第1位
〇紀伊國屋書店浦和パルコ店2位
********************************************

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◆コロナ危機突破術セミナー◆

●2022年度【東京会場】
1月22日(土)13時~
3月19日(土)13時~
5月21日(土)13時~
7月23日(土)13時~
9月17日(土)13時~
11月19日(土)13時~

■2022年度【大阪会場】
2月26日(土)13時~
4月23日(土)13時~
6月25日(土)13時~
8月27日(土)13時~
10月29日(土)13時~

★詳しくは、HPをご覧ください
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ AIで売上急拡大
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━               

やり方次第で
商売は限りなく広がる。

伊勢神宮の近くで
100年以上続く食堂「ゑびや」の
社長が自社開発したAIで
売上を急拡大して
地方の食
堂からIT企業に
転換していった。

「ゑびや」というのは
どこでもある食堂でした。
娘婿である小田島社長が
昔ながらの非効率的な
アナログ的な食堂では
将来はないと考え、
大改革を実行して
大成功を収めていた。

何でも紙ベースの資料だったのを
データ化してEXCELに移行し
POSを導入してマクロ化して
機械学習というように
段階的に変えていった。

小さな食堂が
最先端のITのソリューションを導入し
AIを活用した来客予測システムを
独自開発した。

90%と言う驚異的な予測的中率で
生産性を向上させて
売上を4倍にした。

アフターコロナに向けて
最も大切なことは、
中小企業の生産性向上である。

何故ならコロナ前に比べて
借入金が増え
売上が減っている状況で
生産性を向上させて
粗利益を増やす経営をしないと
会社として存続できなくなるからである。

コロナ融資を赤字の補填に使うのではなく
この事例のように
IT化への投資をすることが
一番大切なことだ。

先進国で一番生産性が悪い日本が
蘇るためには
中小企業の生産性向上しかない。

このチャンスを逃した企業は
取り返しのつかない
状態に陥る可能性が大である。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ リーダーシップ
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

今こそリーダーシップが
求められる時代である。
コロナ禍で混沌とした時代に
会社のビジョンを
示さなければならない。

今まで築き上げてきたものを
そのまま踏襲しても
上手くいかない。
時代は大きく変わってしまった。

妥協せずに
築いてきたものを
すべて捨て去らないと
いけない時が来ている。

周りからの理解がないと
リーダーシップは
当然発揮できない。

船頭しているつもりでも
誰も付いてこなければ
散歩しているに過ぎない
と言う格言通りである。

リーダーシップに
一番大切なことは
才能より人格である。

人格に難があると
誰もリーダーを信頼せず
やがてついていくのを
止めてしまう。

会社として問題が生じた時に
リーダーがどう行動するかが
とても大切である。

ジェット機を考案したビル・リアは、
ジェット機事故の時に
2年間顧客に使用しないように依頼した。

徹底的に調査して改善し
自ら事故現場を飛行し
安全なことを示し
信頼を回復した。

窮地に陥った時に
どうするかが大切である。
逃げないで自分自身で
身体を張って取り組めるかである。

才能は天賦のものだが、
人格は今日どのように生き
どのような選択をするかが
人格を形成していく。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ やる気満々
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

毎日、元気でやる気満々の
顧問先経営者がいます。
実は私のところに来た時
会社は潰れる一歩手前でした。

何故私のところに来たかと言うと
私の本をAudibleで暇さえあれば
聞いていたそうです。
このままでは会社がヤバいと思い
相談にお見えになりました。

その社長のいいところは
すごく素直で前向きなところです。
言ったことを何とかしようと
すぐに試みようと頑張ります。

常に前向きに考えるので
いくら私が厳しい口調で
ガンガン責め立てても
一向にくじけない性格です。

営業力はピカ一ですが
経営力のボロボロです。
経営者として何が必要か
何を見ていないといけないか
をこんこんと説明しています。

その社長は人を引き付ける力があり、
考えられない取引を成立させ
世界的な企業と提携し
業務は拡大している。

恐らくこの企業は
上手くいけば上場するだろうと
思えるほど素晴らしい
ビジネスモデルを持っている。

ただお金の管理も
人の管理も
業務の管理も
すべてが全くなっていない。

その社長を見ていると
常にプラス思考で
最後まで諦めず
やり通す覚悟を持っている。
だから期待以上の結果を生むのだろう。

ずっと仕事のことを考えているから
面白い発想が浮かび上がり
事業の拡大を広げている。
その魅力に大企業が寄ってきている。

社長のやる気・熱量は
周りを動かすのだろう。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 人治改革
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【人治改革】
良い会社には
人を育てる文化が宿っている。
風通しがとてもいい。
様々な意見を言える土壌がある。

人を育てるのに
一番大切なことは
自分と同じ判断が
出来る人間ではなく
自分と同じ思考が
出来る人間に育てることです。

人を育てることは
本当に大変なことで
多くの経営者が悩んでいます。

個人のスキルアップだけに頼っては
会社は良くならないし、
人も育たないものです。

///////////////////////////////////////////

■悩める中小企業経営者のための

事業再生コンサルガイド「経営快速」
https://www.keiei-kaisoku.com/

///////////////////////////////////////////

いくら優秀な人材がいても
それを受け入れる器のある
会社組織でないと効果を生まない。

組織全体のパフォーマンスを
向上ささないと
会社は良くならない。

「和を以て貴し」を重要視し、
従来のやり方を踏襲するようでは
今までの生温い土壌のままである。

改革を進めようとすると
必ず抵抗勢力が出現する。
現状維持をすることで
自分の権力と地位が
確保できると思っているからである。

人を治め、会社を統治するなら
変革を受け入れる人材登用を
押し進めるしか道はない。

コロナ禍の経営は
人治改革を推し進めないと
会社は衰退していく。

経営者の勇気ある決断と行動が
会社の将来を明るくしていく。
躊躇しているようではいけない。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

株式会社 Jライフサポート 三條慶八

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
★お知らせ★
メルマガ登録者・セミナー申込者・
名刺交換・本のプレゼントなど
させていただいたご縁のある方に
メルマガを発行させて
いただいております。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

■■■■配信解除希望の方■■■
お手数ですが、
下記へ配信解除の希望の方は
1、氏名
2、アドレス
をメールにてお送りください。
システム上再配信になる場合があるので、
ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

送り先: info@jlifesupport.com
■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社 Jライフサポート 
代表取締役 三條慶八
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
□東京オフィス:
〒102?0071
東京都千代田区富士見2-2-11 
INOUEビル5F
TEL 03-6261-3080 FAX 03-6261-3081
□大阪オフィス:
〒531-0071
大阪市北区中津6-5-20
e-mail:info@jlifesupport.com
URL:www.jlifesupport.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三條慶八の本