J LIFE SUPPORT/株式会社Jライフサポート

事業(事業再生)における3つの柱

未分類

4月消費税が8%になり、1週間の前年対比で

高島屋などは前年対比20%以上落ち込んでいるようです。

今後の動向がすごく気になります。

 

日銀は、金融緩和継続決定しましたが、株価も下がり、

何やら雲行きが怪しくなってきたのでは?と心配になります。

昨年末、多くの経済評論家の予測よりも数字が下回っている。

 

中小企業は、誰も助けてくれないから、とにかく自分で 守らないとしょうがない。

だから、最悪の事を予測し、最大の準備をすべきだと いつも言っています。

 

まだ大丈夫だと思っていては、ダメです。 いつ何時何が襲ってくるか?わかりません。

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

◆  事業経営(再生)における3つの柱

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

 

知り合いが、友人の事で相談に来られました。

数店のお店とNPO事業をされています。

NPOで何をしているかというと 貧しい国で学校を建設すると言う

素晴らしい活動をされています。

 

しかし、肝心なお店が売り上げ不振で かなり苦しいとのことです。

色々話を聞いているとその友人は NPOの事で頭が一杯で、

お店のことは 後回しになっているように思えました。

 

色々と問題点を私が指摘すると その友人は、何故わかるのか?と聞いてきました。

答えは簡単です。私自身が長年商売して 多くの失敗をしてきたからです。

 

それともう一つ。 私は奇妙な趣味を持っています。

他人の商売を、自分がその商売をしたら どうするか?

を考えて楽しむことをしています。

歩いていても、車で走っていても、 あの店は、この商売は、あのビルは、あの広告は

~~ああすればいいのに!こうすればいいのに!とか 仮説を立て、一人楽しんでいます。

 

その友人の会社の一番の問題点は、 社長が売り上げを上げるための 営業をしなくてはいけないのに

社員やアルバイトに任せっきりになっている。

現場に緊張感もなくなっている。 所詮オーナーの店だから、

社員やアルバイトにしたら、 給与もらえればいいわけで、 潰れようが、知ったことではない。

 

それを何とか救えないか?と言われても、 いくら債務を圧縮し、

再スタートを 図ってももうまくいくはずがありません。

 

何故なら、社長の経営の姿勢がまずいからです。 社長の考え方をまず再生をしないといけない。

事業経営でも事業再生でも同じですが 私は3つの事がすごく重要だと思っています。

 

それは、

1,己を知る

2,己を研く

3,己を守る

以上の3つだと考えています。

 

己を言うのは、会社と社長の事です。

つまり、会社の現状をよく知り、 社長の資産と負債内容も把握する。 己を知らないと対策も打てない。

会社を研く、つまり、売り上げを上げ、 利益を出す体質改善を図る。そして、 社長自身のスキルを向上させる。

 

その上で会社と家族を守る術を講じて、 将来のリスクヘッジを図る。

以上、3セットをバランスよく進めないと 事業経営も事業再生も上手くいかない。

 

よく言われている事業再生の様に、債務処理だけに目を向け、

第二会社方式で、事業譲渡や会社分割したら 救われるような簡単なものではないと思っています。

 

もっと奥深く、ドロドロしたものだと 思っています。

だから、正しいやり方で根本的な再生をしないと 救われないと私は考えています。

 

だから、経営塾を開催することにしました。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

経営者のために、そして後継者のために、 私の経験から学んだ、

これだけは知っておいてほしい! 実践形式でセミナーを開催します。

『絶対に潰れないNO1企業にするための経営塾』

初回は、出来るだけ少ない人数で5月31日(土)から 開催したいと考えています。

ご興味のある方は、ご連絡ください。

5/31,6/14,6/28,7/12,7/26                      電話  03-6261-3080                                                                                 メール info@jlifesupport.com ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■■リスケの交渉について■■

モラトリアム法案が廃案になり、再まき直し交渉をされている方がいらっしゃると思います。

経験上、一番先にリスケの交渉をするのは、借入が多い所から必ずしてください。

すべてに同意してもらうのが前提ですから、順番を間違えて交渉をしないでください。

 

金融機関はプライドが高いですから、順番を間違えると、

「何故、当行を差し置いて~~」 となります。気を付けてください。

 

いつも言うのですが、リスケするのはいいですが、 リスケ後の事を考え、リスケ中に何をするか?が その後の会社にとって重要になります。

 

□━□━□━□━□━□

● 成功のポイント●

□━□━□━□━□━□

 

◆『まだ大丈夫、必死になる必要はない、

という時期から準備しておくことが大切なのです。』

多くの人を見ていると、お尻に火がつかないと動かない。

それが間違いだ!という事に早く気が付いてほしい。

 

◆『チャンスは自分から拾いに行くものだ!』

成功する人は、必ず能動的に動き、自分でチャンスを広げている。

目の前のチャンスをつかみ切れないで、逃げていてはダメだ!

やってみないとわからない。

 

◆『決断力のなさが、後の大きな損失を招く』

決断し、前に進めばいい。失敗すれば修正すればいいだけ。

決断できず問題を放置する罪の大きさを知らないといけない。

 

◆◆◆最悪の状態を予測し、最高の準備をしておくこと◆◆◆

*再生には、確かな戦略と準備期間が必要です。

だから、勇気ある一歩を早く踏み出すことが大切なのです。

ちょっとしたアドバイスで、人生が大きく違ってきます。

私の体験を通して得たこと【知らないと損をする情報】を伝授していきたい。

是非、多くの人にセミナーに参加して頂き、無料相談を受けてもらい、

問題点を明らかにし、解決に向かってほしいと願っております

HPからメルマガ登録すると

会社のチェックシートプレゼントもらえます。                  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

HP: http://www.jlifesupport.com

株式会社 Jライフサポート                                                                                                            三條慶八

« »

『負債140億の会社を自力再生した経営者が語るメルマガ!』
会社診断チェックシートプレゼント

知らないと損をする情報や負債140億からの復活秘話等、とっておきの情報を配信いたします。

メルマガ申込み







  • コラムカレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • カテゴリー

J LIFE SUPPORT facebook

J LIFE SUPPORT twitter

経済産業省リンク

金融庁リンク

中小企業庁リンク

info

To PageTop